サクラチェッカーの紹介 〜これでAmazonで安心して買い物ができる!?〜

サクラチェッカーの紹介 〜これでAmazonで安心して買い物ができる!?〜

Amazonの商品の購入の際に、レビューを参考にする方も多いと思います。変な商品もあるので、私は必ずと言っていいほどレビューを確認しています。
しかし困ったことに、商品の評価を向上させるための偽レビューが横行しています。
みなさんどのように対策してますか?
あえて星の低いレビューで信頼性を確認したり、怪しい日本語の評価が多いかを目視で確認したり、いろいろ労力を使っているのではないでしょうか。わたしも悩んでいたときにこの”サクラチェッカー”というサイトを知りました。
結論から言うと、このサイトを使うと商品やレビューが”怪しい”か”正しい”のかパーセンテージで表してくれます。
使い方はとっても簡単!!

ちなみに前回買ったキーボードカバーをサクラチェッカーに入力してみました。

なんとサクラ度90%と表示されてしまいました。ただし、怪しいのは製品やショップだけで、レビュー自体は安全とのことです。サクラ度としては高く”危険“と表示されましたが、実際にブログのレビューに買いた通り商品には満足しています。
なので、サクラレビューを信じてしまうと、本当に欲しいものも買えなくなってしまいます。
最後は自分の判断で購入するか否かを決めましょう!!
ちなみにに”ねとらぼ“にサクラチェッカーの仕組みが記載されていましたので、引用させていただきます。
ユウさんというのはサイト作成者とのことです。

サクラチェッカーの仕組み

 サクラチェッカーでは主に「価格、製品」「ショップ」「ショップレビュー」「レビュー分布」「レビュー日付」「レビュアー・本文」の6項目でサクラレビューを判定しています。

 ・価格、製品:異常な値引率や商品名の表記など

 ・ショップ:発送地域、電話番号を掲載しているかなど

 ・ショップレビュー:急激なショップレビューの悪化が見られるか(オープニングで不正レビューを自作自演で行っている業者などに見られるそうです)

 ・レビュー分布:評価の分布が不自然に偏っていないか

 ・レビュー日付:レビュー投稿日が極端に偏っていないか

 ・レビュアー・本文:レビュー本文の怪しさ、レビュアー自身の怪しさなど

これら6項目にそれぞれ複数の詳細なパラメータがあり、各パラメータに10段階程度の判定基準があるとのこと。機械学習(AI)も活用し、個人の好みよりレビューの自然、不自然さを分析できるようにしているとユウさんは説明しています。

引用:ねとらぼ(https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1911/22/news010.html

まとめ

サクラチェッカーはショップ情報やショップ地域、レビューの分布などから総合的に危険度を評価してくれます。危険と表示されたからといって「危険=粗悪品」ということにはならないので注意が必要です。危険と表示されても、良い製品はいっぱいあります。
サイトの使用や購入は自己責任でお願いしますね!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。