iPadを使ったセカンドディスプレイsidecarとは!?

iPadを使ったセカンドディスプレイsidecarとは!?

どうやら私の勤め先も、在宅ワークを定着させたいらしく、ある一定の割合で強制在宅ワークさせられることになりました。
私としては有難いので賛成なのですが・・・・

といういことでこれからもMBPでの業務が続くので、さらに在宅ワーク環境の整備を進めます。
今回は常々狭いと思っていたデスクトップを拡張することにしました。

sidecarとは

iPadをセカンドディスプレイと使うMac独自の機能のことです。
MacとiPadを持っている方は、追加費用0円でセカンドディスプレイを手に入れることができます。

ただし、両機種とも対応機種である必要があります。

macOS Catalina に対応した Mac
 ・MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
 ・MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
 ・MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
 ・iMac (2017 年以降に発売されたモデル、
  および iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015))
 ・iMac Pro
 ・Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
 ・Mac Pro (2019 年に発売されたモデル)

iPadOS 13 に対応した iPad
 ・iPad Pro (全モデル)
 ・iPad (第 6 世代) 以降
 ・iPad mini (第 5 世代)
 ・iPad Air (第 3 世代)

https://support.apple.com/ja-jp/HT210380#systemrequirements

sidecarの設定方法

まず前提として、MacとiPadで同じApple IDを設定しておく必要があります。
まずは『システム環境設定』を開きます。

Sidecar』のアイコンをクリックします。

システム環境設定

ここで、対象のデバイスを選択します。

Sidecar-クリック

今回は『iPad(2)』というデバイス名なので、それをクリックします。

これでSidecarの設定は完了です。iPadがセカンドディスプレイになります。

ディスプレイの位置調整

私は右側にマウスを置いているので、ディスプレイは左側に置きます。デフォルトではマウスのポインタを左側にマウスオーバーした時、セカンドディスプレイにポインタが移動しますが、これはディスプレイが右側に置いたときの動作です。これを直します。

システム環境設定_2

キャプチャした時間が違うので、バックのカラーが黒くなっています。特に意味はないので気にしないでください・・・

まずは『ディスプレイ』をクリック。

このような画面の位置設定が出てくるので、ディスプレイの位置をドラッグして調整します。
(キャプチャは調整後の画面)

これで、位置調整は完了です。

まとめ

sidecarは今持っているiPadをそのままディスプレイにできるので、とても効率的です。
私は、iTunesやメールソフトを立ち上げて使っています。皆さんもオススメの使い方があったら、是非紹介してください!!