Youtube見ながらネットサーフィン!MacのChromeでピクチャインピクチャ

Youtube見ながらネットサーフィン!MacのChromeでピクチャインピクチャ

ピクチャインピクチャと聞いて、何名かの方は「何ソレ」って感じですかね?私もその一人でした。
ピクチャインピクチャとは、ビデオ(動画)を独立したウィンドウで表示し、その裏では別のアプリケーションを通常と変わらず使用できる機能です。
私はよくYoutubeを流しながらネットサーフィンするのですが、これが快適すぎてハマります。

Safariでのピクチャインピクチャ

まずSafariでYoutubeなどのビデオがあるページに行き、ビデオを再生します。その時、スマート検索フィールドまたはタブにある「オーディオ」ボタンをクリックしたままにします(水色のスピーカ表示)。





ここでオーディオボタンを右クリックすると、メニューが表示され、
『ピクチャインピクチャ』を選ぶとビデオが独立したウィンドウ表示になります。


ピクチャインピクチャ


ちなみにウィンドウは隅の4箇所の好きなところに移動することができます。




拡大も可能で、最大画面の1/4程度まで大きくすることができます。



Chromeでのピクチャインピクチャ

Chromeでもピクチャインピクチャを使えること最近知りました。
使い方は簡単です。
Youtubeの場合、動画で右クリック2回するとメニューが現れるので、『ピクチャーインピクチャー』を選びます。



Safariよりも優れている点がひとつあります。
それは好きな場所に置けるということ。サファリは4角だけでしたが、Chromeの場合は任意の場所に置けるので自由度が高いです。





在宅ワークのながら作業はコレで決まりwww