在宅勤務の効率UP術〜キーボード購入〜

在宅勤務の効率UP術〜キーボード購入〜

私は在宅勤務でMacbook Proを使っています。まさかMacで業務できるなんて夢のようです。ただ、唯一の欠点がバタフライキーボード。ストロークが浅くて打ちにくい。ラップトップ用のスタンドを使うことで、かなり解消されたが、在宅勤務の頻度が増えてくると、やはり打ちやすいものが欲しくなってくる。
そこで購入したのがPFUの高級キーボード、HHKBだ(Happy Hacking Keyboard)。


といっても廉価版のMac用のLiteモデル。何が廉価版かというと静電容量無接点方式ではなくメンブレン方式。キーボードには詳しくないが、キーの下にはゴム(シリコンキャップ)が付いており、それがキーを押し戻す単純な機構のため、安価なキーボードの多くはこの方式かパンダグラフ方式である。

開封

アップルのような凝った梱包ではなく普通の梱包となっています。

通常のUSBモデルのため、接続すればすぐに使える。ただ、同梱されていた説明書には「接続する前にドライバをインストール」してから使用するよう注意書きがあった。

使用感について

キーボードの場合は打鍵感で評価する場合が多いが、今回は使用してみて全体を通した感想を書いてみる。ちなみにデスクにセッティングするとこんな感じだ。

値段

今回はAmazonのタイムセールを利用して購入した。なんと、3,800円。HHKBの廉価版と言っても、この価格はかなり安い。

デザイン

シンプルなデザインは賛否両論かもしれない。テンキーを多用する人には向かないかもしれない。スノーホワイトという色はキレイな白で美しいキーボードに仕上がっているが、Macのスペースグレイと色合いは合わない。Liteモデルに黒があればそっちを迷わず購入していただろう。

打鍵感

静電容量無接点方式のHHKBの場合、スコスコと指がキーボードに吸い込まれていくような記載をよくみるが、Liteモデルはそこまでではないようだ。Macのバタフライキーボードに比べるとかなり打ちやすい。ただし、カチャカチャと音がするので、静かなオフィスには不向きのように思われる。
また、最近はストロークの浅いキーボードが多いので、このような深いキーボードは少し慣れが必要なようだ。

高さ

唯一気になる点は、この高さである。手を手首より上げて使うので、長時間の使用は疲れそうだ。このあたりは、今後パームレストなどを準備して対策したい。

まだ数日しか使用していないが、とてもコスパの良い買い物ができた。間違いなく在宅勤務の効率も上がるだろう。
今後は長期レポートや、パームレストを準備して改めて使用感などを伝えていきたいと思う。