Airpodsの次はコレ!コスパ最強、在宅勤務で電話会議参加可能なワイヤレスイヤホン!!

Airpodsの次はコレ!コスパ最強、在宅勤務で電話会議参加可能なワイヤレスイヤホン!!

先日Airpodsをメルカリで売却し、次のワイヤレスイヤホンを探していてたどり着いたのがコレ!

・SONY WI-C200

何がいいかというとコスパがいい。今回はYAHOOショッピングで購入したんだけど、店頭価格が¥3,338、今回はたまたまキャンペーンのクーポンがあり¥2,000引きを適用。実質¥1,338で購入できた。
SONYのワイヤレスイヤホンが千円台で購入できるって、すごい時代だ!!

開封

通常のイヤホンの梱包って感じですね。

説明書の他には充電ケーブルとイヤーピースSサイズとLサイズが同梱されていました。私は耳が小さいので、毎回Sサイズがぴったりです。

充電はUSB Type-Cとなります。最近はType-Cが標準になってきているので、この辺はうれしいですね。ただし、電源アダプタは付属されていません。

スペック

スペック的には申し分ありません。連続通話時間も長く、リモートワークで1日中電話会議だったとしても、充分耐えれるスペックです。

  • 通信方式:Bluetooth Ver.5.0
  • プロファイル:A2DP,AVRCP,HFP,HSP
  • 充電時間:3時間
  • 連続通話時間:最大15時間
  • 連続音楽再生:最大15時間
  • 連続待受時間:最大200時間
  • ペアリング台数:8台
  • 質量:19g

特徴

コントローラ部分

電源キー、Vol_UPキー、Vol_Dnキーの3ボタンです。Siriも対応しており、電源ボタン2回押し呼び出すことができます。

イヤホン部分

イヤホンはカナル型。カナル型は耳の穴が塞がるのでちょっと苦手・・・
カナル型なので、音楽再生中などにケーブルが何かに触れるとガサッっという音が聞こえてしまいます。これは仕方ないですね。
ただ、このイヤホンの良いところはマグネットが入っていて、イヤホン通しがくっ付きます。これの何がいいかというと、ネックレスのようになるので、音楽を聞いていない時は首にぶら下げて移動することができます。

机の横にかけておいても落ちないので、便利です!!

改善してほしい点

マルチペアリング対応であるが、次の機器と接続を行おうとすると、前に使っていた機器と接続を切らないと使えない。私は1階で英会話レッスンをすることが多いのだが、うっかり2階に置いてあるスマホと接続を切り忘れたときなどは、英会話用のPCとBluetoothできずとても不便だ。
(Airpodsは、使う機器で接続すると前の機器と接続を切ってくれる)

その他

充電時間は電源オン時にイヤホンから英語で教えてくれます。またAndroidと接続した場合は接続画面でバッテリー充電率が確認できました(といってもXperiaとしか接続していないので、他のAndroidはわからない)。iPhoneの場合は、画面からバッテリーの充電率を確認できないようです(知っている方がいたら教えてください)。

まとめ

ケーブルレスでオープンイヤー型のAirpodsの方が使い勝手は良いのですが、約1/5で買えるコスパの良さと、15時間持つバッテリーはとても魅力的です。今回も買ってよかった商品の1つです。
残念ながら音質の評価はしていないので(音楽を聞くためにかったわけではないので)、気になる方は価格.comのレビューや別サイトで確認してください。一言で言えば、音は悪くないですよ!!